土地選びで決まる!住まいの価値

土地選びで決まる!住まいの価値

土地と住まいの関係

土地とその上に建築される住まい。
この両者の関係は物質的な関係だけではなく、建築基準法をはじめとした、法律によって相互の関係にあります。
土地に対する住まいには、法律によってさまざまな制限が設けられているということです。

そのため住まいの購入を考えている方で、特に一戸建て住宅を希望している方にとって、土地の知識とは外すことのできない要素です。
住まいとは、土地の敷地面積によっても影響を受けます。
また、その土地がどの地域に存在しているかによっても住まいに対する制限があります。
そして、そもそも土地とは、すべての土地において住まいを建築できるわけではありません。
土地によっては、その土地に建築できるかどうかさえ決定権を持っています。

こ土地を購入して住まいを建築して、という具合に簡単に捉えられてる風潮ですが、現実問題として、土地を購入(取得)してからでは、手遅れになることがあります。
例えば、住まいの建築ができない、希望に添った住まいの建築ができないなど、土地と住まいの関係を知らずに購入すると大変なことになります。
こうしたことを未然に防ぐためには、土地に対する知識を構築するしかありません。

注目度がUPしている住まい関連のハナシは、きちんと整理されているこのサイトをブックマークしましょう!

Copyright (C)2014土地選びで決まる!住まいの価値.All rights reserved.